講師・コンサル・コーチ向けFacebook広告のコツ_広告セットの設定

こんにちは!

ナオヒロです。

※CPA655円で470件のリスト獲得が出来たときの実際の管理画面

 

これから何回かに分けて、

現在運用をしていて、効果の出ている

FB広告の実践事例を公開します。

 

今回は、広告セットの設定方法です。

結論はこちら!



講師・コンサル・コーチ向けFacebook広告のコツ_広告セットの設定

一言でいうと:『AIに任せましょう。笑』

★オーディエンス設定は最低限にする(興味関心で絞らない)

★詳細ターゲティングはオンに

★配置は自動配置に

★クリックのアトリービューションは1日後


広告セットの設定範囲で、主に運用のポイントとなるのが『オーディエンス設定』ですね。


Facebook広告と他の広告の大きな違いが、この『誰に配信するか?』というオーディエンスの精度の高さです。

 

・・・がしかし!!


これは、こちらではコントロールしないほうがいい。

というのが答えです。

 

講師・コンサル・コーチのFB広告のコツは

まずはオーディエンスはできるだけ設定しないでテストする

ということです。

 

何を隠そう、はじめにお見せしたCPA655円の広告は

 

『30〜55歳』というセグメント設定以外、配信を絞っておりません。

※実際の設定画面

では、詳しい広告セットの設定に関してお伝えします。



講師・コンサル・コーチがFB広告を行う時のおすすめ(広告セットの設定)



講師・コンサル・コーチがFB広告を行う場合の広告セットの設定はとてもシンプルです。

★オーディエンス設定「性別や年齢など」最低限のみ

★詳細ターゲティングの拡大:『オン』

★配置:『自動配置(推奨)』

★アトリービューション設定:『クリックから1日後』


まずは、上記をテストの最初の段階では設定しましょう。



講師・コンサル・コーチがFB広告を行う時、陥りやすい2つの失敗パターン

講師・コンサル・コーチがFB広告でリストを取る時に陥りやすいのが、次の2つのいずれかです。

  1. 1
    よく理解せずにとりあえず配信してみる(我流)
  2. 2
    細かすぎるテストを繰り返して、小さな改善しか出来ない

 

1つ目の場合は、『まずは勉強をしましょう!』というわけで。笑

2つ目に当てはまるなと感じられたら、

『FacebookのAIを信用しよう!』ということになります。


Facebookの人工知能は、単なる『機械仕掛け』ではありません


それは、マーク・ザッカーバーグが提唱した次の言葉からも明らかです。

“Our goal is to enable computers to understand language more like humans would, instead of rote ones and machine-like zeroes memorization.”

─「私たちの目標は、コンピューターが、暗記や機械のようなゼロの暗記ではなく、人間のように言語を理解できるようにすることです。」


Facebookのイノベーションラボ(研究会)でディープラーニングAIエンジニアが作ったAI機能の代表例を2つご紹介します。

Facebookの人工知能「ディープテキスト」

FacebookのツールであるDeepTextは、Facebookで生成されたコメント、投稿、その他のデータを解析して、人々が言語、スラング、略語、感嘆符、コンマなどをどのように使用しているかを把握し、コンテキストを理解します。

➟つまり、投稿やコメントなどを通して(もしかしたらチャットも…?)どんな背景情報を持っている人間か?どのようなものを信じている人間か?どんなことに興味のある人間か?を自動で識別しています。

Facebookの人工知能「自動画像認識」

 ディープラーニングとAIの専門家は、画像認識ソフトウェアを構築および改善しています。

最近の画像分類子は、タグや周囲のテキストに依存せずに、画像のみに基づいて写真を検索できます。

研究者の目標は、人間の介入を必要とせずに、写真の内容を理解し、写真に関する質問に答えることです。  

➟これもつまり、投稿している画像から、どのような人物像なのか?何が好きなのか?を自動でデータとして蓄積しているわけです。

引用元;IT Chronicles

 

ですから、単純に『美容室のオーナー』に向けた広告だから、オーディエンスで『美容師』『中小企業オーナー』を設定すればいいか?

 

というとそうではなく、恐らく『美容師、オーナー』という単純な『言葉』の区切りでは当てはまらない人たちが、あなたの潜在的な顧客になる可能性があるわけです。

例えば、美容室のオーナーを含むあなたのターゲットが、あなたの知らない特定のページや情報に反応している可能性があります。
※極端な話、海外ドラマが好きな人に、多く含まれているみたいなことです

それらをテストして、学習し、発見できるのが、Facebookの人工知能だと考えても良いとと思います。

 


まとめ


ということで、今回は講師・コンサル・コーチ向けFB広告の

『広告セットの設定』に関して、お伝えしました。


『AIが得意なことは、AIに任せよう』

ということです。

しかし、上記の設定でもうまく行かないことは多々あります。その場合は、クリエイティブテストやカスタムオーディエンスの設定などを行い、テストを繰り返しましょう。

こちらの教材では、さらに詳しく講師・コンサルタント・コーチ向けのFacebook広告の攻略法をお伝えしています。

それでは!

>